2019年5月20日月曜日

初めて「大腸内視鏡検査」を受診した

先日、初めて大腸内視鏡検査を受けた。

Youtube(リアルな画像や診察風景はありません)


一昨年の健康診断で「便潜血」と診断され、掛り付けの内科医に大腸内視鏡検査を受けるよう、勧められた。
が・・・
当然、抵抗した。

2019年5月9日木曜日

(いつもの)峠の野宿【メッシュのツェルト】

2019年5月3日 - 4日

まさかの二年連続冬季閉鎖。冬が大好きな自分としては痛恨の休止状態だった。

とりあえず1泊2日、近場でいいから、と思い、手持ちのモノだけでさっさと出掛けたかった。
ふと、「今年一番の暑さになります」のニュースが聞こえてきた。

そうだ、死蔵していたメッシュのツェルトを使ってみよう。

Youtube

天気は?・・・なにしろメッシュなので、雨には無力。一応グランドシートは持って行くことにして、大きい迷彩柄のシートにした。1.8×2.7mあるので、いざというときはフライ代わりになるだろう。

2019年2月9日土曜日

PRS SE Custom 22をコイルタップに改造

2019/2/3

ギターネタもぼちぼち終わりか。
弱いぎっくり腰はほぼ直りかけだが、今度は腰の上あたりの背中が攣る、という。変な攻撃はやめてもらいたいなあ。
(´・ω・`)

購入したPRS SE Custom 22はトグルスイッチのタイプで、ハムバッカーはゼブラではなくボビンは上下とも黒。

ホントはゼブラが良かったけど、黒もなかなかいい。

PU(ピックアップ)そのものは85/15"S"なので、両ボビンをスプリットにするコイルタップは可能なはず。

2019年2月2日土曜日

新しいギターを迎えた。PRS SE Custom 22

2019年1月26日、なんだかんだで結局買ってしまったのであった。

Paul Reed Smith SE Custom 22

色々と迷った点は多かったが、22F(フレット)、アーム付き、を選択した。

2019年1月19日土曜日

PRSギターの選定ポイントが目まぐるしく変化する

FBなどを見返してみたら、去年の年初もアウトドア関連ではなく、ギターと曲作りにうつつを抜かしていた模様だった。
ただ、去年の年頭はぎっくり腰をくらっていたので、登山やキャンプに行けなかった、という事情はあるが。

2018年の3月あたりに、ミュージシャンになる夢に挫折した後に全て売り払った楽器達の中で生き残ったフェンダージャパンのストラトキャスターのコンディションが次第に思わしくなくなってきて、次代のギターをどうするか、あれこれ悩み始めている。

おお、我がストラトよ・・・

このトシになってようやく自分の腕前の程度がどのくらいヘタレなのかおぼろげに認識(諦め)出来て、これからどのくらい音楽&ギターに関わる年数があるのかを考えたとき、「もう高いギターはもったいない」という気持ちが強く出てきていた。

そこで、Ibanezのヘビメタ小僧が買うようなストラトタイプのGRGを買ったが、ちょっと思ったより低品質で、これじゃあ、これまで40年以上もギターを弾き続けてきた自分がかわいそうだと思えてしまって、せめてもう少しいいギターを、と考え始めたのが2018年の歳の瀬。

ちょっと安過ぎたかな

その3ヵ月間ほど前から両手薬指の謎の炎症でギターが持てず、歯痒い思いをし続けていて、年末になってようやく弾けるようになったのだった。

下手糞とはいえ、さすがに40年以上もギターを弾き続けていれば、ちょっとは思うところがある。

2019年1月13日日曜日

Firstaid and Emergency(救急&非常用バッグの刷新)

救急用品と非常用品は日頃からかなり見直しの連続で、全く使わないものを死蔵させていたり、必要だと思っているものを加えていなかったりしている。

ずっとドイターの赤い小バッグを使っていたが、テーピングテープを入れパンパンになってしまっていることと、三角巾を加えたいと思い、同じくドイターの中バッグに変更することにした。

もうパンパン

2019年1月11日金曜日

2019年1月某日、ポールリードスミスのSEを楽器店で弾いてみる

PRS公式 SE Custom 24

※写真は使い回しです

Ibanez GRG170DXは残り(少ない)のギター人生を共にする「終の一本」たり得ない、と思い始め、どうするか、でもやはりもうそんなに弾かないだろうからもったいないからこれを最後の一本にするのか、それとももう少し”いいギター”を買うのか、悩んでいる。

今年のおみくじは「新しい事に手を出すな。これまでの事を継続していくのが良いぞ」とのこと。
でもなあ。

さすがに2万6千円のエレキギターはちょっと安過ぎたか。無理があったか。


もうこれで満足だろう、と思えたのだが。
いざ使い始めてみると、思った以上に「安いなあ・・・」が目立っちゃって、ちょっと淋しくなるんだよなあ。