2021年4月5日月曜日

GARMIN VENUでも手首に湿疹

 結局、FitbitだけでなくGARMIN VENUでも手首に湿疹が出来る。


やっぱり湿疹できた(´;ω;`)
これはもう素材の問題ではない。良く言われている金属アレルギーでもない。
というのも、Fitbitでアホのように買いまくったベルトの中には、この手首内側に接触する部分がファブリック(布)だけという素材もあったからだ。それでも湿疹はできた。

おそらくこれは汗によるものだろうと思う。
ちなみにユルユルにしてもダメ。手首に装着している時間が長いと出る。

今回は4日間連続の出勤では出なかった。これは出勤したらデスクの上に外しておき、作業時に着けているといった短時間装着にしていたからではないかと。

しかし、その翌々日、ランニングで1時間半装着したら、こうなった。これは、汗だろう。

ただしこれまではランニングでこうなったことはないので、もう少し様子を見ないと分からない。体調などもあるかもしれないし、これまで結構汗をかくランニングをしているのにここまで湿疹が出たのは初めてだからだ。

いずれにしろ、私は腕時計の常時装着は無理らしい。が、それが分かれば、まあ、それはそれでしかたないし、まあいいか、と思うのだった。

( ´ ・ω・`)

2021年3月25日木曜日

ランニングは続けている

 3月は激務中の激務で「やむを得ない場合のみ出勤可」のはずが、勤務日の半分以上、会社で仕事をした。
1ヶ月の交通費は定期を買ったほうが安かった。

そんな中でもランニングは続けている。
今まで通りに週に何度もは走れないが、腕時計型のフィットネストラッカー(GARMIN VENU)を付けて走っている。
ようやく7分/kmを切るくらいになってきた。

昨夜も走ったが、8日ぶり。いつもの12km。走り始めはいい調子だったが、じきに右膝が痛くなってきた。あれ、珍しい。
膝を気にしつつ、12kmは走り終えたが、途中膝カックンしそうになったりと、ちょっと問題があった。
が、終わってみれば平均ペースは7分20秒/km。相変わらず亀だが、私にしてはまあまあのペースだった。

体重も減り続けている。これは、ランニングの効果もあるのだろうが、毎日飲んでいる缶チューハイにノンアルゼロカロリーを混入させ自分を騙しているのと、炭水化物控えめを意識している食事の改善の効果が大きいのかもしれない。

もう今から何かしらの健康維持を考えないと、もっと年取った時にあちこちひどい事になりそうで、そんな恐怖感から始めた運動と食事改善だが、それなりに継続出来ているらしいので、できれば続けたい。

2021年2月28日日曜日

ランニングの夜の出来事

 あの人に合った。縁もゆかりもない人。

自宅から6km。もう少しで折り返し点にたどり着く少しきつい坂。
ふと横の道の暗がりを見ると、向こうのほうに女性のシルエットが見えた。

折り返し点は少し広い、何も無い場所。散歩?犬も連れてなさそうだけど。

息を整え、水分補給をして、少しストレッチ。そして復路を走り出す。

と、先ほどの女性らしい姿が小さな橋のところに見えた。
しゃがみこんでいる?

「どうしましたか?」私は聞いた。
具合が悪いのだろうか。

女性の返事がおぼつかない。聞き取れない。はっきりしない。

そして、少し泣いているような様子だった。

それにしてもどこから来たのか。ここは街道からは数百mはある。散歩にしては寒すぎる。(気温2度)

よく聞き取れない女性の声。救急車を呼びましょうか?バス停まで送りましょうか?車で来たのですか?スマホは持っていますか?


「7か月前、主人が亡くなったんです。自殺だったんです」


確かにそう言った。

この橋を降りて行こうとしたが、決心がつかなかった、とも。

この川は小さな川の源流域で、今は枯れていて水が全く無い。どうするつもりだったのか。

それよりも、私もどうしていいのか分からない。このままハイさよならは出来ない。家まで送り届けるのか。警察に引き渡したほうがいいのか。

とにかく気温が低いので、女性を立たせ、歩き始める。
近くに無くなったご主人の実家があり、知人に車で連れてきてもらった、と。

弁護士と話し合った。周りから色々と責められた。高校生の息子がいる。
聞き取れないほどの声で、事情の分からない話を女性は私に語った。

私はどうしていいか分からない。
役にも立たない事を言い、自分にも子供がふたりいる事を話したりした。そして女性の話に耳を傾けた。

少し歩いたら、昔ながらの大きな家に着いた。家の前に男性が懐中電灯を持ち右往左往している様子で、家の中から亡くなったご主人の母親らしき老人も出てきた。

私は何も出来ない。ただ、この人を立たせて歩かせて、ここへ来ただけ。気の利いた事も言えなかったし、何もしてあげられることは無かった。

大丈夫だろうか。いや、大丈夫な訳が無い。
しかし、私に出来る事は何も無い。


「大丈夫ですよ。頑張ってくださいね」

そんな言葉しか出てこなかった。


ランニング中、私は見かけたお地蔵さまに軽く会釈をしたりしている。なんとなく、だ。
別に深い意味は無い。
田舎の広い空に出る、色々な月齢の月も好きだ。きれいで明るく、笑顔になってしまう。

この復路、私はお地蔵さまと月に、お願いしながら走った。


「あの人をよろしくお願いします。見守ってください。

 頑張ってください。私は何も出来ないけど、あなたを応援しています」


暗い田舎の裏道、人も車もいない道。時々現れるお地蔵さまと、空にかかる月。
何度も何度も、小さく声に出して、そう言い続けながら走った。

何も出来ない、何もしてあげられない自分。縁もゆかりもない、あの人。

でも、生きていて欲しい。
涙を流さず、笑顔でいてほしい。
頑張ってほしい。

家に着く2kmくらい手前からは、声を出して泣きながら走った。
何もしてあげられないけど、ずっと応援します。あなたを忘れない。

ずっと、応援しています。

2021年2月21日日曜日

フィットネストラッカーをfitbitからGarminに乗り換える

 fitbitは私の繊細なお肌(手首)には厳し過ぎたらしく、どうしても湿疹や発疹が出る。webで必死に調べまくると、ごく少数だが同じような症状の出る人がいるらしい。大半の人は何の問題も無い。


fitbitは私にはキビシかった(´・ω・`)

2021年2月1日月曜日

ランニング開始より2ヶ月

 fitbitを腕に付けて走ること2ヶ月弱。全然大したことないペースで週に4~5回、夜に走り続けている。


遅ーい(´・ω・`)

我が家は結構な郊外にあって、走るのは街道(めちゃ車少ない)より1本引っ込んだ裏道なので、車はおろか約50分のランニング中ですれ違う人も皆無といっていい。実際、犬の散歩の人が1人か2人、それすらいなかったりする。
それほど夜遅くに走るわけではないが、街灯すら無い場所が多く、腕に点滅するLEDを付けて走っている。

2021年1月20日水曜日

スチームクリーナー(安)

 Amazonで安い中華製のスチームクリーナーを買った。3,999円。


布団のバッタ・・・??

いきなり使い始めたらちょっとプラスチック臭いというかゴム臭いというか、臭ったが、効果はなかなか。
レビューでは「すぐ壊れた」とか「いまいちきれいにならない」とかかなり低いが、愛犬の粗相したカーペットを掃除するには十分。
まあこの価格なら壊れてもそれほど惜しくないし。
とにかくスチームクリーナーはかなり使える、ということが分かったから良かった。

2020年12月13日日曜日

走る

 長引く在宅勤務で、それまで毎日往復20km走っていた自転車通勤もやらなくなり、決定的な運動不足が続いている。
このところじわじわと体重が増えてきていて、さすがに危機感を覚え、

「じゃあ走るか」

と思ってみた。